夜逃げをして分かったことを今から夜逃げや家出をしようとしているあなたへお伝えします。

夜逃げをして分かったこと

借金の取り立てを止めるための弁護士費用はいくらぐらい?

 

借金の取り立てを止めるために、弁護士に依頼することを考える人も多いかもしれません。

借金を整理する方法は4つあります。

任意整理や特定調停、個人再生、自己破産の4つの方法の中から選択することになります。弁護士費用はどの方法をとるかによっても異なるでしょう。

そもそも弁護士費用とは主に着手金成功報酬の二つで成り立つことになります。着手金は弁護士が扱う場合には相手があることであることから、成功や不成功はつきものです。しかしその結果にかかわらず弁護士が手続きを行うために着手するときに支払うお金を指します。

弁護士に実際払う費用は

・任意整理

まず任意整理の場合には、1社たり4万円から6万円がかかり、それにプラスして減額した金額の10パーセントがかかることになります。着手金が1社当たり2万円から3万円で、成功報酬も同じぐらいの金額がかかります。さらには減額報酬が減額した金額の10パーセント分かかることになるでしょう。もしも任意整理によって150万円の借金が100万円に減額された場合には、自分は50万円も得することになります。このうちの10パーセントの5万円が弁護士費用に充てられるということになります。このようなケースの場合、合計で10万円ほどがかかることになるでしょう。

・特定調停

特定調停の場合には合計で10万円から30万円程度かかります。
しかし、自分自身でやると申立手数料として債権者1社につき500円。そして手続き費用が債権者1社につき420円です。すると債権者1社1000円弱で済みます。

・個人再生

個人再生の場合には合計で50万円から60万円程度がかかります。個人再生の場合には着手金が20万円から30万円が相場となり、それにプラスして成功報酬が30万円程度発生することになります。弁護士に個人再生を依頼した場合の弁護士費用の相場としては、平均50万円から60万円前後の費用がかかることとなるでしょう。

・自己破産

さらには自己破産の相場としては、合計で40万円から60万円ほどがかかります。申し立ての際の着手金として20万円から30万円、さらには免責を受けた時には報酬金として同じくらいの金額を支払うということが一般的になっています。返済を受けたうえで完全に借金が免除になるまでに合計40万円から60万円を弁護士に支払うこととなります。

金額だけでは決められませんが、相場を知っていると高い弁護士、割安な弁護士の区別がつくので相談しに行く前におおよその金額は覚えておくようにしましょう。

 

おススメの弁護士は?

債務整理経験者や元大手金融会社のスタッフが在中しているイストワール法律事務所はどうでしょうか。

お金を借りる側、貸す側の両方の立場を経験している事務所なので親身になってくれるのと同時に、金融業者に対しても業者側の事情を知っているので強く交渉することができます。

闇金に対しても徹底交渉をする事務所ですのでそういった違法な金融業者に対してお悩みでも強力な助っ人となるでしょう。

僕も夜逃げする前に知りたかったです。。。


No tags for this post.

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 夜逃げをして分かったこと , 2019 All Rights Reserved.