夜逃げをして分かったことを今から夜逃げや家出をしようとしているあなたへお伝えします。

夜逃げをして分かったこと

借金は時効援用をしなければ時効にならない

2019/01/31
 

時効の援用って何?

借りたものは基本的に返さなければいけません。でも借金の場合には法律で時効が存在します。条件を満たすことで、債務者は借金を返済する義務から解放されるのです。でも、ここで注意しなければいけないのは、時効と言っても何もせずに一定期間が経過すれば手続きができるというものではありません。時効の援用という手続きをして相手に時効が成立したということを知らせなければいけません。

時効の援用の手続きについて

時効の援用をするにあたって、どういう状況であれば手続きができるのかというと、最後に返済した日の翌日を起点として一定期間が経過しているときです。この一定期間は、常に一定ではなく誰が何のために借りたのかということで変わってきます。

 

借金の時効の種類

大きく区別すると債権者が消費者金融・銀行であるときには商事債権ということで5年となり、家族や知人など個人での借金であれば民事債権で10年となります。ただし、信用金庫や農協などの場合には消費者金融などと同じ5年ではなく10年に分類されます。それでも借主が会社や個人事業主のように個人のための借り入れではなく事業のため、ということであればやはり商事債権として5年になります。

借金の時効が中断される場合があることに注意

そして、時効の計算においては、債権者から取り立てがあったり裁判で差し押さえの手続きをしたりすること、当事者同士の話し合いで債務者が借金の存在を認めることなどがあれば中断されます。

実際のところ、業者からの借金であれば何もアクションをしないというのことないでしょうが、個人間の借金であれば付き合いもあって何も言わないことは起こる可能性はあります。

借金の時効の援用の手続きの方法

債務者にとっては運良く時効の援用ができるとき、手続きとしては内容証明郵便などで相手に送る方法があります。でも文面がただしのか、本当に時効が成立しているのかといったことは素人だけでやってしまうと間違えるかもしれません。もしそこ手続きができなければ、督促を受けてしまう恐れもあります。

円滑に手続きを済ませたいのであれば、借金のことに詳しく法律のプロである弁護士に依頼するのが一番です。依頼料はかかりますが、返済の負担を考えれば任せた方が安心です。

おススメの弁護士は?

債務整理経験者や元大手金融会社のスタッフが在中しているイストワール法律事務所はどうでしょうか。

お金を借りる側、貸す側の両方の立場を経験している事務所なので親身になってくれるのと同時に、金融業者に対しても業者側の事情を知っているので強く交渉することができます。

闇金に対しても徹底交渉をする事務所ですのでそういった違法な金融業者に対してお悩みでも強力な助っ人となるでしょう。

僕も夜逃げする前に知りたかったです。。。


No tags for this post.

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 夜逃げをして分かったこと , 2019 All Rights Reserved.