夜逃げをして分かったことを今から夜逃げや家出をしようとしているあなたへお伝えします。

夜逃げをして分かったこと

夜逃げ業者を頼むべきなのか?どんな業者に頼むの?

2018/11/27
 

夜逃げをする際に荷物が多数ある、車がないなどの理由で業者を頼もうと思っている人もいると思います。
そんな人に向けて書いてる記事です。

夜逃げ業者に頼むべき?

答えからいいましょう。

NOです。

 

ではなぜNOなのか、メリットデメリットから考えてみましょう。

メリット

・自分で逃走手段を用意しなくてよい
・自分で荷物を運ばなくてよい
・自分で考えないでも逃走先を用意してくれる

とメリットはこれくらいでしょうか。
しかし、よく見てください。

これらのメリットはあなたが楽をすることばかりですよね?
夜逃げするのに楽をして何が悪いと思うなら次のデメリットも読んでからもう一度考えてみてください。

デメリット

・自分以外に夜逃げ先を知っている人間が存在してしまう
・夜逃げした先で夜逃げ業者に脅される可能性がある
・不安要素を抱えたまま夜逃げ生活を送ることになる

自分以外に夜逃げ先を知ってしまうというのは、何も夜逃げ業者だけではありません。
この夜逃げ業者が誰かに酔った勢いなどであなたのことを喋ったりしてしまうかもしれません。

そもそも夜逃げ業者に個人情報保護を求めるほうが間違っています
最近、何かの雑誌で夜逃げ業者になって幾人もの相手を脅した人の実話が載っていました。
頼れるものがない夜逃げをする人を脅すのは簡単だったということです。。。。

もし運よく優しい夜逃げ業者に当たったとしても、その業者が別件で警察に捕まったりしてあなたのことが浮かび上がってくるかもしれません。

ただでさえ夜逃げ生活は神経がすり減ります。
誰にいつどこで見つけられるか分からない恐怖。

僕も捕まってひどい目に合う夢を見て何回飛び起きたことか。。。
いつどこでも寝れて、しかも熟睡できるという特技?を持っていた僕でもこの有様です。

僕は業者は使っていないので業者に関する心配はありませんでした。
しかし、どんなことに対しても臆病になってしまう夜逃げ生活に余計な不安は持ち込まないほうがいいと思います。

なので夜逃げ業者を使うのはNOです。

 

それでも夜逃げ業者を使うなら

まずは夜逃げ業者を探さずに、普通の引っ越しに見せかけられないかを考えましょう。
もちろん普通の引っ越し業者にはわざわざあなたが夜逃げをすることを教える必要はありません。
そうすれば夜逃げ業者を使うよりは、まだ安心していられるでしょう。

引っ越しをする際に、引っ越し業者に仕事の都合で夜中にしか出られないがいいか?と聞くのがポイントです。快く応じてくれたらそこの業者に頼むのがいいかもしれません。

もし、普通の引っ越しに見せかけることが出来なく、夜逃げ業者にどうしても頼みたいのであれば、まずは個人でやっているような配達業者を探してみましょう。

ただし、自分がいる近い地域の運送業者を探すのはやめましょう。
どこで、あなたに繋がってくるか分かりません。

出来ればあなたが逃げようとしている都道府県の業者を探すのがいいと思います。
タウンページやインターネットで検索すれば出てくると思うので調べてみてください。
○○運送や××運輸などがあれば電話をして聞いてみましょう。

訳ありの引っ越しがしたいんですが、と。

運送業者同士はやはりネットワークを持っているもので、そういった訳ありの引っ越しをしたことがあったり、慣れていたりする業者を紹介してくれることもあると思います。

 

でも、出来る限り夜逃げ業者は使わないでくださいね
頼む前に自分で何か出来ることはないのか、もう一度考え直してみてください

 

借金が原因で夜逃げするなら、まずは弁護士に相談してみてください。
今は焦っていて頭がパニックだからまともに考えられないかもしれません。
そんなときに冷静な第三者の意見を、しかも債務整理の得意な弁護士に相談するのはいいかもしれません。
↓は初期費用は0円で相談は無料ですので無駄かもしれないと思っても一度覗いてみてください。
岡田法律事務所

No tags for this post.

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 夜逃げをして分かったこと , 2018 All Rights Reserved.