夜逃げをして分かったことを今から夜逃げや家出をしようとしているあなたへお伝えします。

夜逃げをして分かったこと

夜逃げ後の仕事についての考え方

2019/03/06
 
2018年9月26日公開 2019年3月6日更新

夜逃げ後の仕事選びの条件

普通の仕事探しでは考える必要のないことも考えなくてはいけません。
この記事では夜逃げした人が仕事お探すにあたっての注意すべきことを書いていきます。
少し考えれば当たり前のことを書いていますが、夜逃げする前後は気が動転していてなかなか細かいことまで気が回らないものです。

下記の注意事項をよく読んで、無駄な仕事探しをしていないかのチェックをしてもらえれば幸いです。

また、ページの下部におススメの職種と簡単な探し方を書いていますので参考にしてください。

1.給料は現金手渡しなのか。

夜逃げしている人にとって自分に繋がる情報つまり個人情報は提示したくないものの一つです。
また、僕のように身分証やキャッシュカード等全てを捨てて夜逃げした人もいるかもしれません。

そして、個人情報を出さないということは、銀行口座も教えたくないものです。
どこから足がつくか分からないので、出来れば給料は手渡しのほうが有り難いものです。

また、手渡しでしているところは税務もゆるいところが多いので、いいですよね。(色んな意味で)

これは、個人商店でやっているところに多い気がします。
また、新聞の三行広告で募集しているような現場系の仕事なら現金で欲しいと言えば、ほぼOKが出ると思います。

あと、家族経営でやっている法人などは緩いことが多いのでねらい目ですが、求人だけではなかなか分からないのですね。。。
やはり、聞いてみるのが一番です。
ソフトな聞き方としたら「御社は給料の支払いは現金手渡しですか?」「御社は給料は現金の手渡しは可能ですか?」などでしょうか。

狙い目:現場系、個人や家族経営の会社やお店、日雇いで仕事を募集しているところ

2.偽名でも働ける。

1の個人情報を出さないと同じことですが、車の免許などの資格が必須の仕事などではまず偽名では働けません。
今はマイナンバー制度が浸透し始めているのでマイナンバーを求められるようなところでは無理ですね。
ホテルや旅館などの期間バイトを募集しているような人の出入りが多い業界は緩いところが多いようです。

また、テレビで逃亡者のドキュメンタリーなどでよく出てくる現場系の仕事は緩いところが多いです。
ただゼネコンなどの大手や公共工事を手掛けているような現場系の会社だと名簿などの書類を書く際に保険証番号などの個人情報を書いたりすることがあるので中小の会社を狙いましょう。

狙い目:ホテル、旅館、中小の現場系の会社

3.誓約書や保証人を求めてこない

働く際に誓約書を書いたり保証人を求められたりする職種もあります。
保証人は適当に書こうと思えば書けますが、何かあったときに通報でもされたら一大事です。
私文書偽造なんかで捕まるのはバカらしいのでやめて違う職種を探しましょう。

4.不特定多数の人とは接触しない

人付き合いが少なかったとしても、不特定多数の人と接触する機会はなるべく減らしましょう。
接客業などで不特定多数の人と毎日会っていると無駄に神経がすり減っていきます。
また、幸せそうな人たちを見ていると段々ウツ気味にもなってしまうのでやめたほうがいいです。

5.離職率が高い

これは一般の仕事探しとは逆の話です。
なぜ、離職率が高いほうがいいのかというと離職率が高い=頑張り次第で長く働ける、からです。

定職につくのは無理だとしても出来るだけ長く働きたいものです。
離職率が高いところはキツイからみんな辞めていくのですが、仕事のキツさなんかより仕事がなくなってお金がなくなることのほうが遥かに辛いです。

そう思えばどんなところでも天国に感じるものです。
会社にとっていいコマになればなるほど重宝されます。
その状態が長く続けば、あなたがいなければ○○が出来ないということが増えてくるでしょう。
そうなればしめたものです。頑張って長く働けるようにしましょう。

狙い目:ブラック企業

6.今まで働いていた業界とは全く違う業界

確かに働きやすいのは今まで積み上げてきた経験を活かせる職種です。
でもそれは一般的な仕事探しのときです。あなたが元の生活に戻れたときに考えましょう。
今までの経験はとりあえず横に置いておいて新しい経験を積む、と腹をくくってください。

7.住み込みで働ける

食事もあるし寝床もある。
実際私もホテルの住み込みで何年も暮らしています。

たとえオフシーズンでもやることはあるし、なくても2か月くらいなのでその間は寮に住まわしてもらえます。
給料はなくても住むところがあるというのはかなり違います。

下記の記事でも紹介していますが安いホテルでも一泊1000~2000円しますので一か月3~6万もかかります。

大阪市内で一泊1000円以下の激安で泊まれるホテル、宿はここだ!

また、住み込みは基本的に食事付きなので最高です。毎日毎日食べないと健康に悪いですがお金を気にするとなかなか腹いっぱい食べれません。

これが無料になるのはかなりデカい。

狙い目:住み込みがある職種
探すならまずは派遣会社に登録して、上記のような会社を探してみましょう。

派遣会社はたくさんありますが、やはり掲載数の多い大手がいいです。
2、3社登録してみて片っ端から申し込むのもありです。

例えば

はたらくどっとこむ

というサイトがいいかも。

※じゃあ結局どんな仕事がいいんだ?※

結論から言えば現場系の日雇いですね。
他の業界に比べると、似たような境遇の人も多い事からあまり詮索されません。
互いを信用せず、ただお金だけの繋がり。

ちょっと前に捕まった市橋容疑者もそんな生活をしていたみたいです。
http://www.ntv.co.jp/gyoten/backnumber/article/20180320_05.html
大阪の西成が載ってますね。

3か月で80万円貯めたとあるのでやはりお金を貯めて再起をはかるのにぴったりだと思います。

 

あと、調理系もいいと思います。
とくに日本料理系統。昔はややこしい人が多かったという日本料理の世界では他の料理の世界とは少し違います。
義理人情を重んじる人も多く、多少のややこしい事情もヨシとする風潮があるので、思い切って自分の事情をある程度話をしてみれば案外スッと受け入れてもらえるかもしれません。
また、調理系はホテルや旅館が多いことから、住み込みで働ける可能性が高いこともメリットです。
住み込みなら住む場所の心配がいらなくなるので、これ以上ない安心感です。

 

とりあえず探すならこの2業界から探すようにしてみましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私の場合はというと。。

長くなるので下記で…

夜逃げした後に、実際どんな仕事をしていたか。

 

 

借金が原因で夜逃げするなら、まずは弁護士に相談してみてください。
今は焦っていて頭がパニックだからまともに考えられないかもしれません。
そんなときに冷静な第三者の意見を、しかも債務整理の得意な弁護士に相談するのはいいかもしれません。
↓は初期費用は0円で相談は無料ですので無駄かもしれないと思っても一度覗いてみてください。
岡田法律事務所

No tags for this post.

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 夜逃げをして分かったこと , 2018 All Rights Reserved.