夜逃げをして分かったことを今から夜逃げや家出をしようとしているあなたへお伝えします。

夜逃げをして分かったこと

夜逃げ、家出した人の幸福論

 

こんにちは夜逃げ太郎です。

夜逃げ、家出した人で事情を話した上で就職をした人も多いと思います。
お情けで就職出来ているので管理者に都合の良いように使われていることも多いのではないでしょうか。

私も直接的、間接的に

・お前が嫌なら辞めたらいいよ
・お情けでいれたのにやる気ないの?
・雑用全部してくれなきゃ困るんだけど
・社会不適合者なのに社内の人間と仲良くしないでくれる?

こんな扱いを受けています。
ここで折れてしまうのか。
受け入れて耐え抜くのか。

どちらが幸せか分かりません。
でも頑張ればいつか報われる、なんて夢物語はあり得ません。

自分の周りは変えられなくても自分は変えられます。
むしろ変わらないと腐っていく一方です。

人というのは相対的に幸せ、と思うそうです。
つまりある人やある事を今の自分と比べて、ああ幸せだな、と思うようです。

毎日食うのに困る人に比べたらどれほど今が幸せか。
仕事がなくて、お金もなくて、将来も真っ暗になり精神的にやられて風邪を引いて、でも誰も助けてくれず、一泊1000円のドヤに泊まり喉が痛くて声も出せずに震えていたあの頃と比べてみたら、今は3食食べれている。

そう考えたら幸せになりませんか?

毎日変わらない暮らしをしていて、何かが起こって幸せにならないかなぁ、というのは頭がおかしい人の発想です。
幸せになるために、何か少しでもいいから動いてみる、考え方を変えてみるってどうですか?

私はあなたの相談相手にはならないかもしれませんが、グチ相手くらいにはなれます。
よければコメントください。

No tags for this post.

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 夜逃げをして分かったこと , 2019 All Rights Reserved.